中学からニキビがで出し成人したころには、顔中腫れあがる症状で悩まされました。その当時試したニキビ治療について。

初めての症状に戸惑いながらのニキビ治療
初めての症状に戸惑いながらのニキビ治療

長年にわたり重度の症状に悩み行った様々なニキビ治療

中学のころからニキビがではじめて、成人したころには、顔中が腫れあがるような症状に悩まされ、辛い日々を送りました。化粧品のエステに行き、月に3万ほど使ったり、顔中が緑になる某ニキビ治療の商品を使ったり、病院に行ってもみましたが、どれも効果がイマイチ分かりませんでいた。異常に発生するニキビの原因さえ分からず、食事も野菜をしっかり摂取して、ラーメンや脂っこいものも控えたりして改善の方法を探る日々を5年ほど続けました。
結局、20代半ばからニキビの症状が和らぎだしたのですが、特にどのニキビ治療が効いたというわけではなかったのです。私の場合は自己判断ですが、パンが好きで、毎朝、昼食べていたのを辞めたことが良かったのではないかと思います。しかし、パンと言っても、な五穀パンとか、ドライフルーツとナッツの・・・など体に良さそうなモノが好みだったので、まさかそれがニキビの原因だなんて思いもしませんでした。
色々なニキビ治療を試しましたが、どれも効果の割にはお金が掛かり、若かったあのころにはかなり精神的、金銭的な負担でした。なかでも、10代に行った病院では、まず膿んだニキビを治める為に乾燥させる薬を処方されたのですが、その時に乾燥に伴ってできた目の下のシワが今でも消えないのです。症状は多少治まったのですが、悔やまれてなりません。

注目の症状関連情報。情報量が多いこのサイトがおすすめですよ